複雑な通信費、スマホとネット回線の料金をわかりやすく整理してお得なサービスをご提案します。

ネット回線のマニュアル

IPV6

IPV4とIPV6を共存させるハイブリッドサービスを徹底解説

投稿日:

光コラボレーション
IPV6サービスをうまく利用することで、自宅のネット回線を大幅に速度改善できるかもしれません。

ですが、現在の主流はまだまだIPV4サービスです。せっかくIPV6環境を使って自宅ネット回線が速くなっても、今まで使っていたサイトやアプリが使えなくなるのでは意味がありません。

この記事では、IPV6環境においてIPV4も同時に利用できるハイブリッド・サービスについて解説しています。

ハイブリッド・サービスとは

現在のネットワークの主流はIPV4ネットワークです。

自宅のネットワーク環境がIPV4であれば、見れるサイトや使えるウェブアプリはIPV4のものしか利用できません。

自宅のネットワーク環境がIPV6であれば、見れるサイトや使えるウェブアプリはIPV6のものだけになります。

現在、大手のGoogle系サービス(YouTube)や主要SNS(Twitter/Facebookなど)はIPV4にもIPV6にも対応していますが、ほとんどのウェブサービスはIPV4にしか対応していません。

自宅のネットワーク環境をIPV6にすると、いつも読んでいるブログが読めなくなる、これは不便ですよね。

IPV6ハイブリッドサービスとは、ネットワーク環境をIPV6で構築しながらも、現在主流のIPV4サービスも利用できる仕組みを提供するサービスです。

IPV6サービスの利点

では、ネットワーク環境がIPV4のままで良いじゃないか!という話しになるわけですが、自宅ネットワーク環境をIPV6にするとIPV4では得られないメリットがある場合があります。

フレッツ光の速度改善期待

特にフレッツ光の環境においては、IPV6にすることで、ネットワーク速度を劇的に改善(速く)できる可能性があります。

IPV6による通信がIPV4よりも速い、ということではなく、IPV6による通信はネットワークの混在箇所を回避できる可能性が高く、これ(混雑回避)により速度改善が期待できるわけです。

期待できるポイント

  • フレッツ光ハイスピードタイプの下り速度が200Mbpsから1Gbpsになる
  • IPV6/IPoE接続により、フレッツ網混雑地点(回線終端)を迂回できる

参考記事夜間のフレッツ光回線が遅いのはIPV6(IPoE)で改善できる!

IPV6サービスの注意点

IPV4サービスが使えなくなる

単純に自宅のネットワーク環境(ルーター機器や設定など)をIPV6にしただけでは、IPV6対応のサイトやアプリしか使えなくなってしまいます。

現在、主流なサイトはまだまだIPV4対応サイト・アプリなので、IPV4対応のサイトやアプリが使えなくなる(アクセスできなくなる)ということは、ほとんど「インターネットが使えなくなる」というのと同じになります。

共存サービスで問題を解決

そこで出てくるのが「IPV4とIPV6の共存サービス」です。

自宅のネットワーク環境(ルーター機器や設定など)をIPV6にした場合でも、IPV6対応サイト(アプリ)だけでなく今まで通りIPV4対応サイト(アプリ)も同時に使えるようにする、というサービス技術です。

IPV4とIPV6の共存サービス

サービスの概要

目的

まず初めに「IPV4とIPV6の共存サービス」の目的ですが、以下の2点となります。

  1. ネットワーク環境がIPV4であっても、IPV6サイトを利用できる
  2. ネットワーク環境がIPV6であっても、IPV4サイトを利用できる

IPV6 over IPV4サービス

この方式は、基本的な通信技術はIPV4環境を用いながらも、IPV4アドレスとIPV6アドレスを変換することで共存する技術です。

つまり「ネットワーク環境がIPV4であっても、IPV6サイトを利用できる」サービスです。

基盤技術はIPV4ベースなので、今となっては時代遅れの共存サービスです。

IPv4 over IPV6サービス

この方式は、基本的な通信技術をIPV6環境で行いながらも、従来のIPV4アドレスでの通信と共存する技術です。

つまり「ネットワーク環境がIPV6であっても、IPV4サイトを利用できる」サービスです。

基盤技術にIPV6を用いることで、次世代のIPV6通信を睨みながらも既存のIPV4アドレスでの通信と共存する技術です。基盤技術はIPV6なので、IPV6でのみ利用可能なIPoE認証技術を利用することができます

共存サービスの技術

カプセル化とトランスレート

IPV6をベースにIPV4通信を共存させるための技術として「カプセル化」と「トランスレート」があります。

カプセル化

カプセル化とは、基本的な通信はIPV6パケットでおこないながら、IPV6パケットの中にIPV4パケットを包含(カプセル化)することで、IPV6とIPV4を共存させる技術です。

つまり自宅のルーターと利用するサイトのデータはIPV4パケットを使いながら、インターネット上ではそのIPV4パケットをIPV6パケットで包んで(カプセル化)運ぶ技術です。

トランスレート

トランスレートとは「変換」です。

IPV6による通信の中で、必要な場合においてIPV6とIPV4のアドレス変換を行うことで、IPV6とIPV4を共存させる技術です。

どちらの技術が良いか

「カプセル化」と「トランスレート」の2つの技術はそれぞれメリット・デメリットがあります。

私たち利用者目線においては、特に意識することはなく、「あ~、2つの技術があるんだなぁ」程度に覚えておけばよいでしょう。

NATステートフル/ステートレス

NATとは

NATとはIPV4のアドレス変換のことです。

通常、IPV4環境でインターネットに接続する場合、自宅に設置しているルーターにプロバイダーよりグローバルIPV4アドレスが割り当てられます。

自宅の中に複数のパソコンやスマホがあったとしても、自宅からインターネットに出ていくときには、このルーターに割り当てられたIPV4アドレスで出ていきます。この変換をNATといいます。

また、アドレスだけではなく、通信ポートを開いたり閉じたりすることもできます。自宅内にサーバーを立てたり、特定のゲームアプリのためにポート解放を行う場合もあり、この場合にはポート番号に従ってアドレス変換が行われます。

NATステートレス

NATステートレスとは、プロバイダーからみてこれらNATの仕組みをプロバイダー内部で処理しない、ということです。

プロバイダー内部で処理しない、つまり利用者側(のルーター)で処理をNAT(アドレス変換・ポート変換)を行います。

NATステートフル

NATステートフルとは、NATの仕組みをプロバイダー内部に持っている仕組みのことです。

IPV4のローカルアドレス・グローバルアドレス変換を自宅のルーターではなく(NATステートレスではなく)、プロバイダー側で行う(NATステートフル)とどうなるのでしょうか?

利用者目線で見ると、自宅のルーターにグローバルIPアドレスが割り当てられないことになります。
・ポート解放の設定ができない
・ルーター再起動などにより、グローバルIPアドレスの再割り当てができない

共存技術のまとめ

自宅のネットワーク環境をIPV6にしながらも、IPV6だけでなくIPV4対応サイトも利用できるようにする技術について解説しました。

難しい話しは置いておいて、以下の2点だけ頭に入れておいてください。

  • カプセル化技術とトランスレート技術がある
  • NATステートレスとNATステートフル技術がある

技術面から見たサービス

MAP-E

MAP-EはIPV6とIPV4の共存技術としてもっとも普及している規格(技術)です。

MAP-Eでは、IPV4データパケットをIPV6パケットでカプセル化します。

IPV4とIPV6のアドレス変換(NAT)はNATステートレスであり、利用者側のルーターで行います。

つまり、自宅のルーターにIPV4アドレスが割り振られ、自宅ルーターの設定によりポート解放などができる仕様です。
・カプセル化技術
・NATステートレス技術

DS-Lite(Dual Stuck Lite)

DS-Liteは「カプセル化」と「NATステートフル」の技術の組み合わせによる規格です。

IPV4のデータパケットをIPV6パケットでカプセル化してインターネット通信し、アドレス変換(NAT)はプロバイダーとインターネットの接続部分で行います。

つまり、自宅のルーターにIPV4グローバルIPアドレスは割り振られないため、複数の利用者が同じIPアドレスとなる可能性があります。プロバイダー側でアドレス変換を行うため、利用者が個々にポート解放などを行うことはできません。

メリット・デメリット

では、これら規格のメリット・デメリットについてですが、あまり考える必要は無いと思います。

技術的なメリット・デメリットはありますが、それは技術レベルであり、利用者目線での両規格の違いとして、以下の違いを押さえておきましょう。

・MAP-EはNATステートレスなので、自宅ルーターにIPV4アドレスが割り振られる。つまり、利用者がルーター再起動などによりIPV4アドレスを再割り当てすることや、利用者がポート解放などを行うことができる。

・DS-LITEはNATステートフルなので、MAP-Eと違い、利用者が自宅でIPV4アドレスの再割り当てやポート解放を行うことができない。

サービス提供会社からみたサービス

IPV6プラス・サービス

現在主流の「IPV6プラス」サービスです。

株式会社日本ネットワークイネイブラー社が運営し、主にフレッツ光を扱うプロバイダーへ2次提供されているサービスです。

DS-Liteサービス

IIJ系列のインターネットマルチフィールド株式会社が提供している、DS-Lite規格のサービスです。

IIJの光回線サービスでオプションとして提供されています。

IPV6(IPoE)+IPV4高速ハイブリッド・サービス

ソフトバンク系列会社の「BBIX」社が提供しているハイブリッド・サービスです。

主に、ソフトバンク系列のブロードバンド接続サービスへ2次提供されています。

プロバイダーのサービス提供状況

IPV6プラス・サービス

サービス提供会社

「株式会社日本ネットワークイネイブラー」が「IPV6プラス・サービス」としてフレッツ光プロバイダー向けに提供しています。

サービス導入プロバイダー

サービス名 提供プロバイダー 提供サービス名 費用
@nifty光 @nifty V6プラス 無料
BIGLOBE光 BIGLOBE V6プラス 無料
GMOとくとくBB GMOインターネット V6プラス 無料
DMM光 DMM V6プラス 無料

サービス対応機器(ルーター)

DS-Liteサービス

サービス提供会社

IIJ系の「インターネットマルチフィールド株式会社」が提供しています。

サービス導入プロバイダー

サービス名 提供プロバイダー 提供サービス名 費用
IIJ IIJ

サービス対応機器(ルーター)

IPV6(IPoE)+IPV4高速ハイブリッドサービス

サービス提供会社

ソフトバンク系のBBIXが「IPV6(IPoE)+IPV4高速ハイブリッド・サービス」として提供しています。

サービス導入プロバイダー

サービス名 提供プロバイダー 提供サービス名 費用
SoftBank光 SoftBank
Yahoo!BB SoftBank

サービス対応機器(ルーター)

サービス名 提供プロバイダー 提供サービス名 費用
ソフトバンク光BBユニット SoftBank

-IPV6

Copyright© ネット回線のマニュアル , 2017 All Rights Reserved.