フレッツ光クロス最安さらに工事費も無料!「enひかりクロス」の特別キャンペーン

フレッツ光クロス光コラボ
本ページ記載のサービス提供価格は特記がない限り消費税込みの価格です

NTT東西が2020年4月より高速10ギガの「フレッツ光クロス」の提供を開始しました。

すでに提供開始から1年以上が経ちましたがなかなかエリアが広がらずに利用者もあまり多くないようです。

しかし、サービスエリア内にお住まいであればやはり「速さは正義!」であり10ギガ光回線は使ってみたいものです(笑)。

この記事では、フレッツ光の最速サービス「フレッツ光クロス」をコラボ商品として提供している「最速・最安・契約縛りなし」の「enひかりクロス」をご紹介します。

※特別キャンペーンで工事費無料!

フレッツ光クロス最安級
契約縛りナシ!工事費も無料!
enひかりクロス「最速10Gbps・最安5,700円」

「enひかりクロス」工事費無料キャンペーン

「enひかりクロス」とは?

2020年4月よりNTT東西がサービス提供を始めた高速10ギガのフレッツ光が「フレッツ光クロス」です。

従来のフレッツ光同様に、他社通信事業者への卸売りが可能なサービスであり、従来のフレッツ光コラボと同様にフレッツ光クロスコラボとして他社ブランドでもサービス提供されています。

そして株式会社縁人が提供するフレッツ光コラボ「enひかり」の上位プランとして、「enひかりクロス」が提供されています。

フレッツ光クロスの高速回線とプロバイダーサービスがコミコミで提供されるセット商品です。

「enひかりクロス」料金体系

「enひかりクロス」の料金体系および契約形態は以下のようになります。

初期費用事務手数料3,300円
基本工事費16,500円
キャンペーンで無料
月額費用基本料金6,270円/月
v6プラス無料
※標準装備
※クロスパスも選べる
10Gbps対応ルーター
レンタル
550円/月
※NTT「NG100HG」※希望者のみ
契約形態契約期間契約期間なし
解約時
違約金
違約金なし
他社転用
手数料
3,300円

初期費用

enひかりクロスでは初期費用として「事務手数料」と「基本工事費」が必要です。

まず「事務手数料」として3,300円が必要です。

また、基本工事費として16,500円が必要です。

フレッツ光クロスは既存の回線品目からの品目変更ができないため、現在フレッツ光(1ギガコース)をご利用であっても「新規での契約」となり、当然ながら工事も発生します。

月額費用

enひかりクロスの月額料金はフレッツ光クロスおよびコラボ事業者の中で最安で、月額6,270円となります。

この料金には回線費用に加えてプロバイダー費用も含まれています。

また、高速通信についても「v6プラス」または「クロスパス」が標準装備となり、これら高速通信の利用オプションも月額料金6,270円に含まれています。

別途必要となるのは、10ギガ対応ルーター「XG-100NE」をレンタルする場合のレンタル料金(月額550円)のみとなります。

解約時費用

enひかりクロスには「契約期間の縛り」がありませんので、解約時の違約金等もありません。

使ってみて気に入らない場合にはいつでも違約金なしで解約することができます。

ただし、解約時に回線サービスを他社へ乗り換える場合(転用・事業者変更)には「転用・事業者変更承諾番号発行手数料」として別途3,300円が必要です。

特別キャンペーン「工事費無料」

「フレッツ光クロス最安の月額料金」「契約縛りなし」に加えて、現在工事費無料キャンペーンを実施しています。

もともとenひかりクロスの基本工事費は他社よりも安い16,500円に設定されているのですが、これがキャンペーン適用で無料となります。

キャンペーンの適用条件は「2021年10月5日~2022年4月30日までの申込」かつ「2022年6月30日までに開通」となります。

工事費無料適用の条件

  • 2021年10月5日~2022年4月30日までの申込
  • かつ、2022年6月30日までの開通

最安の光クロス!縛りなしで工事費も無料!
v6プラスとクロスパスが選べる

「enひかりクロス」の特徴と注意点

フレッツ光クロスで最安

ドコモ光10ギガと比較

ドコモのスマホとセットで安くなる「ドコモ光」も「ドコモ光10ギガ」というサービス名称でフレッツ光クロスサービスを提供しています。

「ドコモ光10ギガ」の料金体系・契約形態を「enひかりクロス」と比べると以下のようになります。

費用・契約項目enひかりクロスドコモ光10ギガ
初期費用事務手数料3,300円3,300円
基本工事費16,500円19,800円
月額費用基本料金6,270円6,930円
高速通信
オプション料金
無料
※v6プラス/クロスパス
無料
※v6プラス/OCNVC
対応ルーター
レンタル料金
550円
※希望者のみ
550円
※希望者のみ
契約形態契約期間契約期間なし2年契約
自動更新あり
解約時
違約金
違約金なし14,300円

このように比較すると1ギガコースほどの料金差はなく、ドコモ光10ギガも悪くありません。

決定的な特徴としては契約形態であり、やはり「enひかりクロス」の「縛りナシ、違約金なし」が光って見えます。

ソフトバンク光10ギガと比較

同様にソフトバンクスマホとセットで安くなるソフトバンク光も「ソフトバンク光10ギガ」としてフレッツ光クロスの提供を始めました。

ドコモ光10ギガ同様、料金的にはそれほど悪くありません。

費用・契約項目enひかりクロスソフトバンク光10ギガ
初期費用事務手数料3,300円3,300円
基本工事費16,500円26,400円
月額費用基本料金6,270円6,930円
高速通信
オプション料金
無料
※v6プラス/クロスパス
無料
※独自方式
対応ルーター
レンタル料金
550円
※希望者のみ
550円
※必須オプション
契約形態契約期間契約期間なし2年契約
自動更新あり
解約時
違約金
違約金なし10,450円

月額料金は高くなるもののそれほど高くもなく、当然ながらソフトバンクスマホとセットで毎月の割引が1,100円以上適用されるのであれば「ソフトバンク光10ギガ」が安くなります。

また、ソフトバンク光10ギガの特徴としてソフトバンクテレコムが提供するホワイト光電話を利用できる、という点があります。

フレッツ光クロスにおいてNTT東西はひかり電話を提供していないので、フレッツ光クロス回線で固定電話(光電話)を利用したい場合にはソフトバンク光10ギガを選択することになります。

他社フレッツ光クロスコラボと比較

ではスマホセット割引とは関係のない、大手キャリア以外でのフレッツ光クロスのコラボ商品と「enひかりクロス」を比較してみましょう。

比較対象としてはかなり料金・契約条件が良い「AsahiNet光クロス」とします。

費用・契約項目enひかりクロスAsahiNet光クロス
初期費用事務手数料3,300円880円
基本工事費16,500円21,450円
月額費用基本料金6,270円7,128円
高速通信
オプション料金
無料
※v6プラス/クロスパス
無料
※v6コネクト
対応ルーター
レンタル料金
550円
※希望者のみ
550円
※希望者のみ
契約形態契約期間契約期間なし最低利用期間1年
自動更新なし
解約時
違約金
違約金なし2,750円
※13か月目以降は不要

AsahiNetが提供する「AsahiNet光クロス」も悪くありません。

契約形態も「最低利用期間1年(自動更新なし)」であり13か月目以降は違約金がないし、1年以内の解約でも違約金はたったの2,750円です。

また、月額料金はenひかりクロスよりも高くなりますが、定期的に実施しているキャンペーンを利用すれば同額程度に抑えることもできるようです。

10ギガコースを提供しているコラボ事業者

そもそも、フレッツ光クロスを提供しているコラボ事業者は多くありません。

NTT東西へコラボ事業者として登録している事業者は多数あるのですが、その多くは(ほとんどは)フレッツ光クロスのコラボ商品を提供していません。

おそらく、フレッツ光クロスはまだエリアが限定的であるため契約者の見込みが立たないためなのでは?と思われます。

現在、普通に一般利用者がウェブから契約申し込みできるフレッツ光クロスのコラボサービスは以下のようになります。

ブランドサービス名月額料金
enひかりenひかりクロス6,270円/月
AsahiNetAsahiNet光クロス7,128円/月
BB.exciteBB.excite光10G7,590円/月
EDIONエディオンネット基本パックX7,975円/月
IIJIIJ IPv6 FiberAccess/Fサービス タイプIPoE14,000円/月

契約縛りなし!解約時違約金なし!

enひかりは2019年にサービス提供を開始した新しいサービスですが、多くの魅力的な特徴を持つサービスで現在非常に人気のフレッツ光コラボとなっています。

その特徴のもっとも大きな点は「契約縛りなし、解約時違約金なし」という自由な契約形態という点です。

使ってみて不満があればいつでも違約金等なしで解約することができます。

この特徴は「enひかりクロス」にも適用され、「enひかりクロス」でも「契約縛りなし、解約時違約金なし」の契約となります。

高速通信「v6プラス」か「クロスパス」が選べる

enひかりクロスでは高速通信方式「v6プラス」または「クロスパス」のどちらかを選ぶことができます。

enひかりクロスではこのどちらかの高速通信サービスはオプションではなく必須(標準)となっており利用料金は月額料金に含まれます。

ただし、「v6プラス」を選択した場合と「クロスパス」を選択した場合では申し込みプランが以下のように異なります。

料金コース高速通信
オプション
月額料金
enひかりクロス with v6プラス(MAP-E)v6プラス6,270円/月
※オプション料金含む
enひかりクロス with Xpass(DS-Lite)クロスパス
(Xpass)

どちらのコースを選べばよいかわからない人、または高速通信方式にこだわりのない人は「v6プラス」を選ぶと良いでしょう。

ahamo(アハモ)UQモバイルとのセット割引

enひかりには「勝手に割り」というamaho(アマホ)・UQモバイルとのセット割引を提供しています。

ドコモやKDDI(au)が提供している割引ではなく、enひかりを運営する株式会社縁人が独自に(勝手に)提供している割引プランで割引額は「月額110円、最大1回線まで」となり「enひかりクロス」の月額料金より割引されます。

割引額は小さいですがもともと最安の月額料金であり、またオマケ程度に考えておけばよいでしょう。

口座振替払い可能、振替手数料も無料

enひかりクロスでは振替手数料無料での口座振替払いができます。

若い世代でクレジットカードを持っていない、とか自営業等の方で口座履歴を残したい、という方であっても手数料無料で口座振替での支払いが可能です。

戸建て向けのみ

フレッツ光クロスでは「戸建て向けプランのみ提供」としており「集合住宅向け(マンション)プランは提供しない」という当初方針があります。

これについてはNTT東では「今後の要望等を考慮して検討する」と述べており、今後はマンションでの導入も可能になると思われますが、とにかく現時点では「戸建て向けプランのみ」です。

では集合住宅にフレッツ光クロスが導入できないのか?というとそんなことはなくて、集合住宅でも戸建て向けのフレッツ光クロスを導入することは可能です。

ただし、マンション一括導入ではないため個別の工事が必要となる点、および料金プランは戸建て向けプランとなる点、の2点が注意点となります。

ひかり電話は使えない

NTT東西ではフレッツ光クロス向けに「ひかり電話」を提供していません。

今後は「状況を見ながら検討する」と述べていますが、現時点でフレッツ光クロスで「NTTひかり電話」を利用することはできません。

このため、enひかりクロスにおいてもひかり電話の利用はできません。

どうしても固定電話が必要!?

フレッツ光クロスを使いたい!という方で「どうしても固定電話」が必要という場合には以下の選択肢となります。

フレッツ光クロスで固定電話を使いたいなら

  • NTT固定電話に戻す(アナログ戻し)
  • ソフトバンク光クロスを利用する
    ⇒ ソフトバンクテレコムの「ホワイト光電話」が使える
  • ソフトバンク「おうちのでんわ」へ番号移行する
    ⇒ ワイアレス固定電話サービス

基本的にはNTT固定電話(アナログ電話)へ戻して置き、今後フレッツ光クロスで「ひかり電話」が利用できるようになるのを待つのが良いでしょう。

PPPoE通信との併用はできない

enひかりクロスは高速通信方式「v6プラス」または「クロスパス」を前提としたサービスであり、この高速通信を利用しない契約はできません。

つまり「PPPoE通信を利用したい」という使い方はできない、ということです。

ほとんどの人には影響ありませんが、たとえば「高速通信とPPPoEを併用したい」「PPPoEを併用して自宅サーバーを公開したい」などの人にとっては目的を達成できません。

enひかりクロスではPPPoE通信は提供されないという点に注意してください。

10ギガ対応ルーターはレンタルも可能

フレッツ光クロスを利用するためには「10ギガ対応ルーター」が必要になります。

通信するだけなら従来の「1ギガルーター」でも可能ですが当然ながらルーター側で1ギガしか対応していないためフレッツ光クロスの高速通信を楽しむことはできません。

市販の10ギガ対応ルーター

現在、10ギガ対応ルータはあまり選択肢がありません。

フレッツ光クロスで使える10ギガ対応(WAN/LANともに対応)の市販ルーターは以下のようなものがあります。

バッファロー WiFi ルーター無線LAN 最新規格 Wi-Fi6 11ax / 11ac AX6000 4803+1147Mbps 日本メーカー 【iPhone12/11/iPhone SE(第二世代)メーカー動作確認済み】WXR-6000AX12S/N
バッファロー
【バッファロー Wi-Fi 6ルーター フラッグシップモデル】5GHz 8ストリーム+2.4GHz 4ストリームの計12ストリームで多台数接続時も高速かつ安定した通信を実現。また、2.2GHzクアッドコアCPUが高いパフォーマンスを引き出します。

1ギガ対応ルーターの高性能モデルが大体市販価格1万円程度である点を考慮すると、10ギガ対応ルーターはまだまだ高額ですね。

対応ルーターはレンタル「XG-100NE」も可能

NTTではフレッツ光クロス向けの対応ルーター(ONU)を月額550円でレンタル提供しています。

フレッツ 光クロス対応レンタルルータ XG-100NE | NTT東日本

※NTT西日本エリアでも同機種のレンタルとなります。

そして、enひかりクロスでもこのレンタルサービスをそのまま(月額550円/月)で利用できます。

月額550円のレンタル料が必要ですが年間では6,600円、2年使っても13,200円だと考えると、現時点ではあまり選択肢のない市販ルーターを購入するよりもレンタルルーターを利用したほうが良い、と思います。

管理人
管理人
まずはレンタルをオススメ!
市販ルーターがもう少し安くなったら購入も考えたいですね!

そしてキャンペーン特典「工事費無料」

enひかりが提供する「enひかりクロス」において工事費無料のキャンペーンが実施されています。

キャンペーン期間は「2021年10月5日~2022年4月30日までに申し込んだ方」が対象となります。

もともとenひかりの基本工事費はNTTの通常の工事費よりも安く設定されており、戸建てタイプでも「16,500円(通常は19,800円)」です。

そして、この「工事費16,500円」が無料となるのが、今回の特典です。

最安の光クロス!縛りなしで工事費も無料!
v6プラスとクロスパスが選べる

まとめ、フレッツ光クロスはどこを選ぶ?

なかなか広がらないエリア

2020年4月にサービス提供開始された「フレッツ光クロス」ですが、なかなかサービスエリアが広がりません。

現時点(2021年10月)でのサービスエリアは以下のようになっています。

NTT東日本
エリア
東京都23区内
狛江市
調布市
三鷹市
NTT西日本
エリア
大阪府大阪市
愛知県名古屋市

まだまだ制限が多い

また、サービス開始当初の「いくつかの制限事項」で今も残っている大きな制限は以下の2点です。

フレッツ光クロスの現在の制限事項

  • 戸建て向けのみの提供
  • ひかり電話が提供されない

戸建て向けタイプのみ提供

現時点ではフレッツ光クロスは戸建て向けプランのみ提供されており、集合住宅向けプランは提供されていません。

この点についてもNTT東日本ではサービスイン当初「今後の状況を見ながら検討」と述べていますが、この点については西日本も同様でしょう。

留意点として「戸建て向けプランのみ提供」であり、集合住宅への導入ができないわけではありません。

従来の1ギガコースにおいても集合住宅へ戸建て向けプランで導入する事例は普通にあります。

集合住宅にお住まいの方であっても、大家さん・管理会社等から引き込み工事の許可がとれるのであれば、集合住宅へ「フレッツ光クロス(戸建て向けタイプ)」を導入工事することは可能です。

ひかり電話は提供されない

サービスイン当初より「ひかり電話は当面提供しない」「今後の状況を見ながら検討する」となっており、これは現在も同様です。

なのでひかり電話(固定電話)が必要であれば電話回線をNTTの固定電話回線に戻すか、またはソフトバンクが提供する「おうちのでんわ」などワイアレス固定回線サービスへ同番移行する、という手段をとることになります。

例外として、ソフトバンクがコラボ提供する「ソフトバンク光クロス(10Gbps)」ではソフトバンクテレコムが提供する光電話サービス「ホワイト光電話」が利用できます。

「ソフトバンク光クロス」はソフトバンクスマホとのセット割引前提の料金設定なので、回線費用としてはちょっと割高になりますが、固定電話必須であれば検討の余地があります。

最安のフレッツ光クロス「enひかりクロス」

このような状況の中で、提供エリアかつ光電話は不要であれば「フレッツ光クロス」はぜひ使ってみたい高速回線サービスです。

そして、シンプルで安い料金体系しかも契約縛りがない、ということで人気のフレッツ光クロスが「enひかりクロス」です。

「enひかり」ではフレッツ光クロス対応の「enひかりクロス」の他にも1ギガコースとして「enひかり」の提供を行っており、どちらも「最安級」「シンプルプラン」「契約縛りなし」で人気のフレッツ光コラボです。

そして、現在実施されているenひかりのキャンペーン「工事費無料キャンペーン」は「enひかりクロス」に適用されるキャンペーン特典となります。

「サービスエリア内である」「光電話は不要」という方で高速「フレッツ光クロスを使ってみたい!」という方にはイチオシのフレッツ光クロスです。

最安の光クロス!縛りなしで工事費も無料!
v6プラスとクロスパスが選べる

フレッツ光クロス最安級
契約縛りナシ!工事費も無料!
enひかりクロス「最速10Gbps・最安5,700円」

タイトルとURLをコピーしました