やっとBBIQがIPv6に対応、光電話契約必須で10ギガ回線対象外と残念な件

QTNet IPv6サービスBBIQ(ビビック)
本ページ記載のサービス提供価格は特記がない限り消費税込みの価格です

九州電力系の通信事業者「QTNet」が提供するインターネット接続サービスBBIQ(ビビック)が、ついにIPv6通信サービスの提供を再開しました。

2021年に一度「IPv6サービス提供開始」をアナウンスし、実際に九州の一部地域ではIPv6通信が利用できていたにも関わらず「機器の不具合」を理由に2021年にサービスを停止しています。

そして今回「機器の不具合が解消」ということで「IPv6サービス提供を再開」となったようです。

この記事では、BBIQ(ビビック)が他社に後れを取りながらやっと始まりそうなIPv6サービスについて説明していきます。

最大30,000円キャッシュバック
auスマホも安くなる!

BBIQ「IPv6提供スケジュールと利用条件」

BBIQ(ビビック)が「IPv6サービスの提供を再開」しました。

BBIQのIPv6のご提供再開について | BBIQ

BBIQ(ビビック)における「IPv6サービス利用条件」をみると、「サービス利用料無料/申し込み不要」「BBIQ光電話利用者限定」「6ギガ/10ギガ回線サービス対象外」という内容になっています。

IPv6 提供概要

まずは「BBIQ IPv6サービス提供概要」を見てみましょう。

対象のお客さまBBIQ光電話無線ルーターをご利用中のお客さま
提供開始日2022年11月25日から2023年4月末(順次)
提供料金無料(BBIQ光電話無線ルーター利用者への標準サービスとなります。)
申し込み方法申し込み不要

サービス対象は「BBIQ光電話契約者」

「(IPv6サービス)対象のお客さま」として「BBIQ光電話無線ルーターをご利用中の方」と記載されています。

つまり「BBIQ光電話の契約者がIPv6サービス提供対象」ということです。

「BBIQ光電話無線ルーター」がIPv6通信専用ルーターになっているという仕組みであり、公式的には「これ以外のルーターではIPv6通信はできない」ということになります。

BBIQ IPv6対応の「BBIQ光電話無線ルーター」

BBIQ IPv6サービスの提供対象者は「BBIQ光電話無線ルータ」の利用者、すなわちBBIQ光電話契約者となります。

これはBBIQ IPV6を利用する場合においてBBIQ光電話無線ルーターが専用ルーターとなるからです。

BBIQ(ビビック)では光電話利用者向けに光電話ターミナルをレンタルしていますがこの光電話ターミナルには3機種あり、IPv6利用可能な「無線(Wi-Fi)タイプ」は2機種となります。

IPv6対応BBIQ光電話無線ルーター(iA201WL4)
BBIQ光電話無線ルーター(XS-5A-01)
IPv6非対応BBIQ光電話ターミナル(iA101SC3)

誰でもIPv6が利用できますか? | BBIQ FAQ

BBIQ光電話をご利用の方でもIPv6非対応ルーターであれば利用不可なので、型番等で確認してみてください。

なお、型番がわからない(面倒)な場合は「BBIQ光電話の月額料金」が550円/月の方はIPv6対応のBBIQ光電話無線ルーターとなり、月額料金330円/月の方はIPv6非対応のBBIQ光電話ターミナルとなります。

もしIPv6非対応の光電話ターミナル(月額330円)をご利用の方でIPv6対応ルーター(BBIQ光電話無線ルーター)へ変更したい場合にはBBIQへ連絡してレンタル機器の変更手続きを行ってください。
※レンタル料金(BBIQ光電話基本料金)が330円/月から550円/月になります。

6ギガ回線/10ギガ回線もIPv6サービス対象外

BBIQ(ビビック)では2022年より「6ギガ回線サービス/10ギガ回線サービス」が開始しています。

「6ギガ回線/10ギガ回線」では契約上「BBIQ光電話の利用が可能」であり「BBIQ光電話無線ルータの利用が可能」ですが、残念ながら「6ギガ回線/10ギガ回線」においては「IPv6サービス対象外」となります。

これは前述と同じでIPv6専用ルーターとなるBBIQ光電話無線ルーターが通信速度最大1Gbpsであり10ギガ非対応だからです。

10ギガ回線でもIPv6利用は可能?

BBIQのテクニカル窓口へ「10ギガ回線でもBBIQ光電話ルーターを使ってインターネット接続すればIPv6は使えるか?」と質問したところ、「通信速度が1Gbpsに落ちても構わないならIPv6利用可能」という回答でした。

BBIQの場合はフレッツ光回線と違い1ギガ回線も10ギガ回線も同じ回線を利用しているので、上記の回答は「まぁ、そうだろうな」という感じです。

ただ、ここ数年のBBIQのテクニカルサポートは質がよろしくないので回答が正しいのかどうかは検証必要です。

サービス提供は九州全域へ「順次展開」

IPv6サービスの提供開始は2022年11月25日から2023年4月末にかけて順次展開となります。

また、今後新たにBBIQ(ビビック)へ加入する場合・BBIQ光電話無線ルーターをご利用開始する場合には、2023年6月頃からの利用開始となるようです。

提供料金(IPv6サービス利用料)は無料

IPv6通信サービス利用料は無料です。

IPv6の利用(IPv4からの早期移行)は国策なので「別途有料」とはならないでしょうね。

申し込み方法

IPv6サービスの利用にあたり、申し込みは不要です。

つまり「BBIQ光電話無線ルーターをご利用であれば、勝手に(順次)IPv6通信が利用可能になります」ということです。

IPv6 提供スケジュール

「IPv6提供概要」には「提供開始日は2022年11月下旬より順次」と記載されていますが、追加で県ごとのリリース予定が公開されています。

対象地域リリース予定期間
福岡県(北九州地区)2022年11月下旬~12月初旬
2023年2月中旬
福岡県(北九州地区以外)2023年1月中旬
3月下旬~4月下旬
佐賀県2023年1月中旬
長崎県2023年3月中旬
熊本県2023年1月下旬
大分県2023年1月中旬
宮崎県2023年1月中旬
鹿児島県2023年2月下旬

まずは福岡県北九州地区からの順次展開となります。

すでに北九州ではIPv6が始まっている

「IPv6提供概要」には「提供開始日は2022年11月25日より順次」とアナウンスされています。

「みんなの速度測定」サイトをみると、最速で2022年11月25日にBBIQ回線でのIPv6通信が確認できます。

みんなの速度測定「BBIQ IPV6」

2022年11月下旬時点では北九州市以外にも「中間市」「行橋市」でも「みんなの速度測定」サイトでのIPv6利用が確認できます。

IPv6 提供開始に向けた注意事項

BBIQ(ビビック)でのIPv6サービス利用はBBIQ光電話無線ルーターの利用者を対象として「無料」「申し込み不要」での利用可能となりますが、ルーターのファームウェアアップデートが必要です。

IPv6のご利用には、BBIQ光電話無線ルーターのファームウェアバージョンアップが必要となります。
本作業は当社から遠隔作業で行いますので、以下についてご協力をお願いいたします。

作業日のご連絡作業日の1週間前から前日までに、対象のお客さまへ作業日のご連絡メールをBBIQ基本メールアドレスへお送りしますのでご確認ください。
お願い事項作業日当日は、以下のご協力をお願いいたします。
・BBIQ回線終端装置およびBBIQ光電話無線ルーターの電源がオンであり、両機器間のLANケーブルが接続されていること
※上記が未実施の場合、BBIQ光電話無線ルーターへの再作業が必要となりますが、その場合2023年6月以降となりますことを、あらかじめご了承ください。
※作業中は、BBIQおよびBBIQ光電話はご利用いただけません。停止時間に関しては作業日のご連絡メールをご確認ください。

上記のようにBBIQ IPv6サービスは「申し込み不要」ではありますが、サービス利用対象者には「ファームウェアアップデート」の連絡として事前連絡が行くことになっています。

BBIQ(ビビック)の基本メールアドレスへのメール連絡となりますが、通常状態でBBIQ光電話が利用可能な状態であれば特になにもすることはありません

「BBIQ IPV6サービス提供概要」まとめ

以上、現時点でBBIQ(ビビック)が公式アナウンスしている「BBIQ IPv6サービス提供概要」をまとめると以下のようになります。

提供開始日/期間2022年11月~2023年4月末(順次)
IPv6利用対象条件BBIQ光電話無線ルーターの利用者(つまりBBIQ光電話契約者)
※ただし「6ギガ/10ギガ回線サービスは除く」
IPv6利用料金/申し込みIPv6利用料金無料/申し込み不要
対象者への個別連絡BBIQ光電話無線ルーターのファームウェアアップデートが必要
※アップデートの案内がBBIQ基本メールアドレスへ届く

九州の高速光回線ならBBIQ(ビビック)
特に集合住宅におすすめ!

BBIQ IPv6サービスで何がうれしくなるのか?

BBIQ(ビビック)でもやっとIPv6サービスが始まりそうです。

同じ電力系通信事業者だとコミュファ光などは2012年からIPv6提供、関西電力系のeo光でも3年程度のテスト運用を経て2018年には正式にサービス開始しています。

どれだけのんびりしてるんだろう、という気がします。

しかし、現状では利用者目線ではほとんどIPv6サービスによるメリットがないのも事実です。

IPv6は速い?

IPv6はIPv4より通信が速いというウワサがありますが、通信の仕組みとしてはどちらも同じです。

目的とする通信相手へ到達するまでの経路として(DNSサービスなど)IPv4とIPv6では経路が異なるため、この点において「IPv6は速い、いや遅い」という話しはありますが、仕組み上は同じ速さです。

IPv6は通信の混雑に強い?

IPv4通信の混雑により通信速度が大きく低下しているのはフレッツ光固有の現象であり、BBIQ(ビビック)をはじめとする電力系通信サービスには該当しません(速度低下しません)。

フレッツ光回線がIPv4通信において混雑しているのは「IPv4/PPPoE認証」を行っている認証サーバーです。

混雑しているなら増強すれば良いだけなのですが、フレッツ光回線では簡単に機器増強できない複雑な事情があることから混雑の原因がわかっていても増強できない実態があります。

このため、IPv4の混雑は「仕方ないよね」と放置したうえでIPv6通信により混雑地点(IPv4/PPPoE認証)を迂回するサービスがフレッツ光で利用されている「IPv4 over IPv6」サービスです。

混雑の原因を増強(改善)できない理由

フレッツ光回線はいわゆるNTT法により「都道府県ごとに接続設備(PPPoE認証サーバー)を設置する」と決められており、またその設備はNTTが場所を用意したうえでISP(プロバイダー)が機器を用意する、という役割分担になっています。

このため、IPv4による通信が混雑してもNTT東西とIPS(プロバイダー)は協力して全国(全都道府県)の接続設備をNTT東西が用意した局舎内で増強(設備を増やす)しなければなりませんが、残念ながら設置場所が確保できないとか、全国対応でコストが膨大などの理由で設備増強がやりにくいのが現状です。

NTTフレッツ光以外は設備増強が可能

前述のように回線負荷の増加に対する設備増強がやりづらいのはフレッツ光回線の独自の理由(NTT法に縛られている)によるものです。

BBIQ(ビビック)など独立系の通信事業者ではNTT東西のような縛りがないため、通信量増加に対する設備増強は当然のように行われています。

これにより、BBIQなど電力系通信事業者(つまりフレッツ光以外)では「IPv6を使えば速度低下を回避できる!」という状況にはなっていません。

そもそもが自由に設備増強できることから「混雑による速度低下が起きていない」からです。

BBIQはIPv6通信で速くなる?

BBIQでは「IPv6通信を使えば通信が速くなる」ということはありません。

そもそもが「IPv4でも遅くならない」からです。

よって、フレッツ光回線と違い、BBIQの場合にはIPv6通信による通信速度面からの利用者メリットはありません。

IPv4アドレスの枯渇問題に貢献できる?

国策として進められているIPv6通信の普及は「IPv4アドレスの枯渇を防ぐ」ためのものです。

通信速度面での利用者メリットはなくても、世界的なIPv4アドレスの枯渇問題に貢献することはできるのでしょうか?

貢献できません。

BBIQをはじめとする電力系通信事業者のIPv6通信方式は「シングルセッション/デュアルスタック」によるIPv4/IPv6の共存方式です。

このため、IPv6通信を利用してもしなくても、自宅ルーターには従来通り「グローバルIPv4アドレス」が1個付与される点に違いはありません。

よって、BBIQ IPv6サービスを利用しても「IPv4アドレスの枯渇問題に貢献」することはできません。

IPv6によってセキュリティが強化される?

BBIQではIPv6のメリットとして「IPv6はセキュリティが強化されている」と説明していますが、これはすでに意味がありません。

セキュリティを実装しやすくなる
IPv6には、IPv4ではオプション扱いであった「IPsec」という情報を暗号化するプロトコルが標準で実装されています。IPsecがあれば、通信するデータを暗号化でき、第三者等にデータを横取りされる心配がなくなります。その結果、データ改ざん耐性や機密性などのセキュリティ体制を高められるのです。

「IPv6を利用するメリット BBIQ」より抜粋

現在のIPv4通信技術でもすでに「SSL/TSL暗号化」などによる暗号化技術が一般的となり、インターネット通信の多くの通信が暗号化されています。

また、IPSecプロトコルはすでにIPv4通信でも一般利用されており、IPv6独自のメリットではなくなってきています。

通信の暗号化によりセキュリティが向上するというのは正しいしIPv6なら暗号化しやすいのも事実ですが、現在ではすでに必要な通信においては十分な暗号化が行われておりIPv6によるさらなるセキュリティ向上はありません。

よってIPv6通信においてセキュリティが向上することはありません。

BBIQ IPv6サービスによる利用者メリットは?

BBIQ IPV6サービスによる利用者メリットはほとんどありません。

IPv6による通信速度向上もありません(もともとIPv4でも速い)。

IPv4アドレスの枯渇問題に貢献することもできません。

IPv6による「さらなるセキュリティ向上」もありません(現状でも暗号化技術は普及)。

これらの点において、「IPv6」と言ってもフレッツ光のIPv6とは必要性も効果も全く違います。

つまり、BBIQ IPV6サービスによる利用者側のメリットはほとんどない、と言えます。

我が家はIPv6!

そうは言っても新しいものや珍しいものには興味があります。

大きいものや小さいものにも興味があります。

IPv6にも興味があります。

「我が家はIPv6使ってる」と言ってみたくなります。

こういう点において、BBIQ IPv6サービスは自己満足度を高めてくれるかもしれません。

九州の高速光回線ならBBIQ(ビビック)
特に集合住宅におすすめ!


BBIQ(ビビック)で30,000円お得に契約する方法

BBIQ(ビビック)では通常の公式サイトより申し込むと特にお得になる特典等はついてきませんが、販売代理店を経由して申し込むことで高額キャッシュバックなどの特典がついてきます。

ここでは光回線の大手販売代理店「株式会社NEXT」が実施しているBBIQ加入キャンペーンで「最大30,000円キャッシュバック」などの特典を受ける方法をご紹介します。

株式会社NEXT提供:最大30,000円キャッシュバック

BBIQ(ビビック)最大30,000円キャッシュバック特典

まず、「最大30,000円キャッシュバック」特典の内容は以下のようになっています。

契約タイプ契約オプションキャッシュバック金額
ホームタイプネット
+ BBIQつづけて割(3年契約)
+ 指定オプション
30,000円
ネット
+ BBIQつづけて割(3年契約)
10,000円
マンションタイプネット
+ 指定オプション
25,000円
ネットのみ5,000円

キャッシュバックは開通(利用開始)から3か月後に指定の銀行口座に振り込まれるので、光回線キャンペーンとしてはかなり早くキャッシュバックを受け取れる特典になっています。

特典の条件

また、この「最大30,000円キャッシュバック」特典を受けるための特典条件は以下のようになっています。

特典ご対象者

  1. お申し込みから6カ月以内に開通された方。
  2. 指定オプションサービスにお申し込みいただいた方。
  3. BBIQつづけて割(3年契約)にお申し込みいただいた方(ホームタイプ)

「BBIQつづけて割」はホームタイプのみ

「3.BBIQつづけて割」はBBIQの標準的な申し込み方であり「3年契約自動更新」の契約となり、その代わりに契約期間中ずっと月額880円の割引が適用されるサービスです。

「BBIQつづけて割」はホームタイプ(戸建て向け)向けの割引サービスであり、マンションタイプへは適用されません。

よって、「特典適用条件」として「BBIQ続けて割への加入」が条件となっていますが、マンションタイプでの加入の場合には適用対象外(BBIQ続けて割加入不要)となります。

BBIQつづけて割 | BBIQ

解約しやすい「指定オプション」はどれ?

「指定オプション」には加入してもしなくてもかまいませんが、「指定オプション」に加入することでキャッシュバックは20,000円増額されます。

「指定オプション」は以下のように定められています。

指定オプションサービスは下記の中から1つお選びください。

必要なオプションがあればそれに加入すれば良いですが、「キャッシュバック増額のため」に加入するのであれば、おすすめは「Netflixパックへ加入」です。

「Netflixパック」は動画配信サービス「Netflix」と「BBIQ光」がセットになったコースで、BBIQ光の月額料金に1,210円/月を加算することでNetflixのサービスが利用できるコースです。

現在、「Netflixパック」は利用開始月~4か月目の最大4か月間が無料となっているため、キャッシュバックを受け取り後(利用開始から3か月後)に「Netflixパック」を解約することで、追加コストなしでキャッシュバック20,000円増額となります。

キャッシュバック受け取りの手順

キャッシュバックは「開通月の3か月後に指定口座へ振り込み」というスケジュールとなります。

ただし、開通確認の都合により1か月の遅れが出る場合もあります。

申込からキャッシュバック受け取りまでの流れは以下のようになります。

キャッシュバック受け取りの流れ
  • STEP1
    申し込み後の確認電話

    光回線サービスでは申し込み後に必ず「契約者本人の意思確認」の電話がかかってきます(法律で決まっています)。

    そのため、申し込み後に「株式会社NEXT」から本人確認の電話がかかってきて、申込内容の確認が行われ、最終申し込み完了となります。

    この確認電話にて、キャッシュバックの振込先銀行口座を尋ねられるので、あなたの銀行口座を伝えます。

    ※これでキャッシュバック手続き完了

  • STEP2
    BBIQ開通

    光回線工事の繁忙期などもありますが、BBIQでは通常申し込みの翌月には開通工事が完了しBBIQ光回線を利用できるようになります。

  • STEP3
    キャッシュバック振り込み

    開通月の3か月後の月末にキャッシュバックが振り込まれます。

    振込先は申込時の本人確認電話で伝えた銀行口座となります。

    なお、基本的に「開通3か月後」ですが開通が月末ギリギリなどの場合には手続き遅れにより「開通4か月後」となる場合もあります。

  • STEP4
    不要なオプションの解約

    キャッシュバックの振り込みが確認できたら、特典のために加入したオプションの中で不要なものは解約しておきましょう。

株式会社NEXTってどんな会社?

BBIQ加入で高額特典を提供しているのは光回線の大手販売代理店である「株式会社NEXT」という会社です。

BBIQ光だけでなく、フレッツ光やauひかりなど光回線を中心に多くの回線サービスを手掛けており、また「@スマート光」という格安のフレッツ光コラボを自社で運営している会社です。

「光回線の代理店」と聞くと、迷惑電話や強引な訪問セールスなどのイメージがありますが、株式会社NEXTは「正規販売代理店」「一次代理店」であり、かつ毎年どこかの通信事業者から「ベストパートナー認定」されているいわゆる「優良代理店」となります。

会社名株式会社NEXT(ネクスト)
代表川井 剛
所在地〒169-0074
東京都新宿区北新宿1-12-12 MIビル4階
連絡先03-5337-1245(代表)
設立2008年12月
代理店届け出番号C1900012(届出年月日:令和元年10月1日)
BBIQ
申し込みサイト
運営責任者藤井 惟之
サービスに関する
問い合わせ先
0120-044-116
※9:00~21:00

光回線のセールスに関する問題

光回線のセールスでは迷惑電話や強引なセールスなどが問題となっています。

光回線の販売代理店は通信事業者(NTTやKDDIなど)と直接契約を結ぶ「一次請け(一次代理店)」の下に二次・三次がぶら下がった構造になっており、もはや販売元のNTTやKDDIソフトバンクなどからも実態が見えなくなっています。

そして、迷惑電話や強引なセールスはこれら二次・三次以降の代理店(いわゆる再委託店)が行っています。

「株式会社NEXT」はNTT・KDDI・ソフトバンクと直接販売委託契約を結んでいる一次代理店です。

毎年どこかの事業者から感謝状が贈られている

株式会社NEXTは毎年NTT・KDDI・ソフトバンクなどの大手通信事業者から感謝状を受け取っています。

NEXT(ネクスト)の表彰歴 | 株式会社NEXT

感謝状をもらっているからすごい会社というのではなく、大手通信事業者による直接監視下にある一次代理店であるということです。

自社でのフレッツ光コラボ運用も行っている

そして近年、株式会社NEXTでは販売代理店の枠を飛び越えて、自社でフレッツ光コラボのサービス提供を行っています。

「@スマート光」というと名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

「工事費不要」「月額料金最安値」など独自の強化サービスによりかなり人気のあるフレッツ光コラボであり、また特筆すべきはそのサポート体制もネット上では評判が高い、という点です。

「光回線の販売代理店」というと一部の悪質な二次代理店・三次代理店などの迷惑行為によりあまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃるかと思いますが、大手通信事業者の直接監視下にある一次代理店においては安心かつお得に契約できる特典提供など利用すべき契約窓口となります。

九州の高速光回線ならBBIQ(ビビック)
特に集合住宅におすすめ!

最大30,000円キャッシュバック
auスマホも安くなる!
BBIQ光とセットで3ギガ990円/月
自宅セット割対象


タイトルとURLをコピーしました