複雑な通信費、スマホとネット回線の料金をわかりやすく整理してお得なサービスをご提案します。

ネット回線のマニュアル

フレッツ光回線でも「auスマートバリュー」が適用できる"So-net光コラボレーション"

フレッツ光回線でもauスマートバリューが適用できる

So-net光コラボレーションは光コラボレーションによりフレッツ光回線とプロバイダーサービスをまとめてSo-netが提供するネット回線サービスです。

独自の特徴としては、フレッツ光回線を利用しながらもauスマホとのセット割引「auスマートバリュー」という割引サービスが適用可能となることです。

これにより、自宅がフレッツ光回線でもauスマホやau携帯電話の利用者が毎月お得な割引サービスを受けることができます。

auスマホ・携帯をご利用の方で、集合住宅などで「auひかり」などのauスマートバリュー対象回線が引けない方にはお得なネット回線となります。


So-net光コラボレーションの特徴

フレッツ光回線

So-net光コラボレーションはSo-netがNTTフレッツ光の回線を使って提供する下り最大1Gbpsの高速ネット回線です。

現在フレッツ光をご利用でない方は新規での申し込むことで、回線契約もプロバイダー契約もSo-netでまとめることができます。

また、現在フレッツ光をお使いの方も「転用」という仕組みを使って回線契約はそのままにプロバイダーだけをSo-netに乗り換えることができます。

auスマートバリューでauスマホがお得

So-net光コラボレーションはフレッツ光回線を利用したサービスですが、auが提供する「auスマートバリュー」という割引サービスを適用することができます。

これまではauスマホをご利用の方がフレッツ光回線でスマホとのセット割引を受けようとすると「auセット割」を利用するしかありませんでしたが、So-net光コラボレーションによりフレッツ光回線でもau回線と同等の家族向け割引サービスを受けることができるようになります。

※「auスマートバリュー」はauスマホ側の割引サービスであり、割引はauスマホ回線の利用料に対して割り引かれます。

IPV6/IPoE対応の高速回線サービス

So-net光コラボレーションは「auスマートバリュー」の適用でスマホセットで安くなるだけではありません。

最新技術のIPV6/IPoE接続に標準対応した高速回線サービスを提供しています。

現在、フレッツ光ネクストハイスピードタイプ(下り最大200Mbps)をお使いの方、夜間の速度低下にお悩みの方は、IPV6によるIPoE接続により劇的な速度向上が期待できます。

So-net光コラボレーションは最新技術のIPV6/IPoE技術に標準対応したフレッツ光回線サービスです。


So-net光コラボレーションのプランと費用

プラン

まず、「プラン」があります。これは自宅が「戸建」なのか「マンション(集合住宅)」なのかで変わります。

自宅が「戸建」であれば「So-net光コラボレーション(戸建)」というプランとなり、マンションやアパートなどの集合住宅であれば「So-net光コラボレーション(マンション)」となります。

新設・転用

ネット回線を自宅の住居へ引く場合、多くの場合はフレッツ光回線の契約はありませんよね。フレッツ光回線の契約もプロバイダーサービスの契約もない状態で申し込むことを「新設」といいます。
通常はこのパターンだと思います。

一方、すでに自宅でフレッツ光回線を使っていて(契約していて)この回線を使って新しくプロバイダーサービスをSo-net光コラボレーションへ変更したい、という場合は「転用」といいます。

「転用」の場合はフレッツ光回線契約を現在の契約先からSo-netとの契約へ変更する必要があるのですが、この場合はNTTへ契約先変更の申し込みを行わないといけません。

初期費用

では、費用についてです。

まず最初に契約時の「事務手数料」として「新設」で800円(税別)、「転用」で1,800円(税別)が必要です。

開通月(自宅ネットが使えるようになった月)の月額費用は無料なので、開通月の費用としては翌月の支払日に「800円(税別)」または「1,800円(税別)」のみが引き落としされます。

また、フレッツ光回線を屋内に引き込むための「工事費」が必要です。

費用項目 新設/転用 金額 備考
事務手数料 新設 800円
転用 1,800円
工事費 新設 24,000円 一括払い、または800円×24回分割払い
※現在キャンペーンで工事費相当24,000円キャッシュバック
転用 0円(無料) ただし、回線種別変更(100Mbps⇒1GBなど)の場合には別途必要

月額費用

月額費用を説明します。
まずは下表を見てください。毎月発生する費用項目をまとめています。

費用項目 戸建 マンション 備考
新設 転用 新設 転用
月額費用 5,700円 4,600円
工事費 800円 - 800円 - 工事費分割払いの場合
(一括払いの場合は不要)
長割 -500円 「長割」適用時に毎月割引
So-netキャンペーン割引 -800円 -400円 -800円 1年目:-100円
2年目:-150円
3年目:-200円
4年目:-250円
5年目:-300円
1~30か月まで割引
auスマートバリュー 最大-2,000円(スマホ1台につき、最大10台まで) auスマホ利用者に適用、毎月割引

>>割引サービスの注意点<< 「So-netキャンペーン割引」と「auセット割」は注意が必要です。この2つの割引は同時適用はできません。どちらか一方を指定して割引してもらうことになります。

では、費用項目を個別に説明します。

月額費用

月額費用はフレッツ光回線の利用料とプロバイダーサービス利用料です。
So-net光コラボレーション(戸建)の場合は5,700円(税抜き)、マンションの場合は4,600円(税抜き)となります。

この月額費用は開通月は無料で、その翌月から費用が発生します。

工事費

工事費はフレッツ光回線を自宅や集合住宅の自室に引き込むための工事にかかわる費用です。

戸建の場合は電柱から自宅へ引き込むような大掛かりな工事にもなるし、集合住宅では共用部分にある機器の設定だけの場合もありますが、工事には一律24,000円(税抜き)が必要です。

そして、この工事費用は開通月翌月から30か月の分割払いとなり、毎月800円(税抜き)が工事費として請求されます。

この工事費、「24,000円の30回払い」なので、もし30か月以内に解約する場合には残債を一括で支払う必要があります。

So-netキャンペーン割引

現在キャンペーンにより、毎月800円の割引を受けることができます。割引されるのは開通月翌月の請求分から30か月間が割引対象となります。

auスマートバリュー

So-net光コラボレーションでは「auスマートバリュー」というauが提供している割引サービスを適用可能です。

これはお持ちのスマホ・携帯電話がau契約であれば、毎月最大2,000円の割引をしてくれるお得なサービスです。

割引額はauスマホ・携帯の契約プランによって決まり、以下の通りです。

利用機器 au契約プラン 2年間割引額(月額) 3年目以降割引額(月額)
auスマホ ・データ定額10/13/30
・データ定額10(V)/13(V)/30(V)
2,000円 934円
・データ定額5/8/20
・データ定額5(V)/5(V)/20(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
1,410円 934円
・データ定額2/3
・データ定額2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン
・LTEフラットcp(1GB)
934円 934円
・データ定額1
・データ定額1(V)
934円 934円
auタブレット ・LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
・LTEフラット for DATA(m)
1,410円 934円
・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」) 1,000円 1,000円
3Gケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付) 934円 934円
4G LTE ケータイ ・データ定額1 934円 500円
・データ定額2(VK)/3(VK)
・データ定額2/3
・シニアプラン
934円 934円
・データ定額5(VK)/8(VK)
・データ定額5/8/20
・LTEフラット
1,410円 934円
・データ定額10(VK)/13(VK)
・データ定額10/13/30
2,000円 934円

長割

「長割」は、「30か月の継続利用を条件に、毎月500円を割引してくれるサービス」で、回線申込時に「長割」を申し込むか申し込まないか、を指定します。

この「長割」は30か月ごとの自動更新型の割引サービスで、長割適用期間中は毎月500円の割引が行われますが、契約期間中の解約時には「解約違約金」として7,500円の支払が必要になります。

「長割」は開通月翌月から30か月ごとに1か月の「更新月」という月が訪れ、この「更新月」であれば違約金なしで回線契約を解約することや「長割」の適用を除外することができますが、「更新月」以外での回線契約や適用除外については違約金7,500円が必要、ということです。

毎月500円の割引に対して、更新月以外の解約での違約金が7,500円なので、15か月以上つかうとお得になる計算です。

自宅などで永く使っていこうと思っている人は「長割」を適用するのが一般的でしょう。

また、学生や社会人の転勤などで一時的の利用となる人はこの15か月以上使うのかどうかを考えてみると良いでしょう。

お得なキャンペーン

So-net光コラボレーションでは、毎月魅力的なキャンペーンを実施しています。

キャンペーンの詳細については、以下の記事にて毎月詳しく説明していますので参考にしてみてください。

So-net光は最新技術で速い

IPV6/IPoE技術による速度改善の期待

So-net光コラボレーションは、最新のネットワーク技術「IPV6/IPoE」に対応した回線サービスです。

通常、インターネットへの接続は「IPV4/PPPoE」という技術を使って接続しますが、最新技術の「IPV6/IPoE」による接続を行うと、回線速度が劇的に速くなることが期待できます。

IPV6/IPoE技術を使ってインターネットへ接続すると、以下の環境において劇的な速度改善が期待できます。

  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプ(下り最大200Mbps)ご利用の方
  • 現在、IPV4またはIPV6の「PPPoE」認証でインターネット接続している方

現在、特に夜間におけるフレッツ光の速度低下が見られています。スマホの普及や、動画コンテンツなどにより、通信容量が増大しているのが原因です。

そして、特に混雑しているのがフレッツ光網とプロバイダーの接続点である「PPPoE認証」部分です。

IPV6による「IPoE認証」の機能を利用することで、この混雑している「PPPoE認証」部分を迂回することができます。

つまり、最新技術「IPV6/IPoE」によるインターネット接続を行うことで、劇的な速度改善が期待できます。

So-netは「IPV6/IPoE」正式対応プロバイダー

IPV6対応のプロバイダーは増えてきましたが、速度改善が期待できるのはその中でも「IPoE認証」に対応しているプロバイダーです。

速度改善期待の要因は「IPV6であること」ではなく「IPoE認証であること」です。そして、この「IPoE認証」は「IPV6」でしか利用できません。

IPV6対応の多くのプロバイダーは、認証方式に「PPPoE認証」を採用しているところも多く、この場合は速度改善は期待できません。

So-netは速度改善が期待できる「IPV6/IPoE」に正式に対応しているプロバイダーです。



更新日:

Copyright© ネット回線のマニュアル , 2017 All Rights Reserved.