複雑な通信費、スマホとネット回線の料金をわかりやすく整理してお得なサービスをご提案します。

ネット回線のマニュアル

DTI光はauスマホがお得、格安スマホもお得

DTIひかり
DTI光は光コラボレーションによりフレッツ光回線とプロバイダーサービスをまとめてDTIが提供するネット回線サービスです。

独自の特徴としては「auセット割」というオプションが利用可能で、これにより、自宅がフレッツ光回線でもauスマホやau携帯電話の利用者が毎月お得な割引サービスを受けることができます。

また、DTIが提供している格安SIM「DTI SIM」とのセット割引「DTI光×SIMセット割」の適用も受けることができます。

スマホとセットでお得なフレッツ光回線です。

DTI 光

DTI光の特徴

フレッツ光回線

DTI光はDTIがNTTフレッツ光の回線を使って提供する下り最大1Gbpsの高速ネット回線です。

現在フレッツ光をご利用でない方は新規での申し込むことで、回線契約もプロバイダー契約もDTIでまとめることができます。

また、現在フレッツ光をお使いの方も「転用」という仕組みを使って回線契約はそのままにプロバイダーだけをDTIに乗り換えることができます。

auセット割でauスマホがお得

DTI光には「auセット割」というオプション(無料)があります。これはauスマホをご利用の方が「auセット割」を利用することで、スマホと自宅ネット回線のセット割を適用してくれるサービスです。

通常、auスマホをご利用の方が自宅ネットとセットで割引を受けたい場合、ネット回線を「auスマートバリュー」対象回線にする必要があります。

ですが、すでにフレッツ光を使っていたり、集合住宅などでフレッツ光しか導入できない場合でもDTI光を使えばauスマホとセットで割引を受けることができます。

※「auセット割」はネット回線側の割引サービスであり、割引はネット回線の利用料に対して割り引かれます。

格安SIMとのセット割「DTI光×SIMセット割」

そしてもうひとつ、スマホが安くなる仕組みがあります。

DTIがドコモの回線を使ってい提供している格安SIMの「DTI SIM」とのセット割引を受けることができます。

DTI光とDTI SIMを同時に利用することで、毎月の利用料金から150円の割引を受けることができます。

DTI光のプランと費用

プラン

まず、「プラン」があります。これは自宅が「戸建」なのか「マンション(集合住宅)」なのかで変わります。

自宅が「戸建」であれば「DTI光(ファミリータイプ)」というプランとなり、マンションやアパートなどの集合住宅であれば「DTI光(マンションタイプ)」となります。

新設・転用

ネット回線を自宅の住居へ引く場合、多くの場合はフレッツ光回線の契約はありませんよね。フレッツ光回線の契約もプロバイダーサービスの契約もない状態で申し込むことを「新設」といいます。
通常はこのパターンだと思います。

一方、すでに自宅でフレッツ光回線を使っていて(契約していて)この回線を使って新しくプロバイダーサービスをDTI光へ変更したい、という場合は「転用」といいます。

「転用」の場合はフレッツ光回線契約を現在の契約先からDTIとの契約へ変更する必要があるのですが、この場合はNTTへ契約先変更の申し込みを行わないといけません。

「転用」については別途詳細に手続きを説明します。

初期費用

では、費用についてです。

事務手数料

まず最初に、初期費用として「事務手数料」が必要です。「事務手数料」は「新設」の場合と「転用」の場合で異なります。

新設 転用
事務手数料 800円 1,800円

工事費

工事費も「新設」と「転用」で異なります。

一般的に「転用」の場合はすでに回線設備が整っているわけですから工事不要であり工事費は無料です。しかし、「転用」と同時にフレッツ光の回線タイプ(速度)を変更する場合には、そのための工事費用として2,000円が必要となります。

「新設」の場合は屋内・屋外の回線状況により、工事の内容が大きく異なってきます。最終的には申込後のNTTコンサルティング時に工事内容と工事費用が確定しますが、最大でファミリータイプが18,000円、マンションタイプが15,000円ほどになります。

新設 転用
ファミリー マンション ファミリー マンション
工事費 最大18,000円 最大15,000円 最大2,000円

月額費用

月額費用を説明します。

毎月発生する費用項目をまとめています。

費用項目 ファミリータイプ マンションタイプ 備考
月額費用 4,800円 3,600円 回線費用・プロバイダー費用
auセット割 毎月最大1,200円の割引
DTI光×SIMセット割 毎月最大150円の割引

auセット割

DTI光では「auセット割」という割引サービスを提供しています。これはお持ちのスマホ・携帯電話がau契約であれば、毎月最大1,200円の割引をしてくれるお得なサービスです。
auの割引サービスである「auスマートバリュー」ほど割引額は大きくありませんが、反面、ひかり電話が不要だとか契約期間永続的に最大1,200円割引といった「auスマートバリュー」よりも良い条件となる割引サービスです。

割引額はauスマホ・携帯の契約プランによって決まり、以下の通りです。

利用機器 au契約プラン 割引額(月額)
auスマホ ・データ定額5/8/13
・データ定額5(V)/10(V)/13(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
1,200円割引
・データ定額1/2/3
・データ定額1(V)/2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・ジュニアプラン
・ジュニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
500円割引
auタブレット ・LTEフラット for Tab/Tab(i)
・LTEフラット for Tab(L)
・LTEフラット for DATA(m)
・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,200円割引
auケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK) 1,200円割引
・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイデータ付)
・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額2(VK)/3(VK)
500円割引

DTI光×SIMセット割

DTIが提供している格安SIM「DIT SIM」とのセット利用により、DTI光の月額利用料金から毎月150円が割引されます。

「DTI SIM」の複数枚の契約があっても、割引適用されるのは1回線分(150円)となります。

なお、「auセット割」と「DTI光×SIMセット割」の併用はできません。

費用・プランまとめ

ファミリータイプ マンションタイプ 備考
月額費用 4,800円 3,600円 毎月必ず請求
工事費 最大で18,000円 30か月間請求
auセット割 最大-1,200円 auスマホ・携帯利用者はずっと割引
DTI光×SIMセット割 最大-150円 DTI SIM利用者はずっと割引
  • 毎月必ず請求されるのが「月額費用」。
  • auセット割はauスマホ・携帯の利用者が対象となる永年割引(ずっと割引)。
  • DTI光×SIMセット割は「DTI SIM」の利用者が対象となる永年割引(ずっと割引)。

お得なキャンペーン

現在、DTI光では「新設」での申込について、ファミリータイプで現金最大15,000円、マンションタイプで現金最大13,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

これは期間限定キャンペーンで、2017年3月31日(金)までの申し込みに対して適用されます。

キャンペーン適用条件

申込が「新設」であること。
また、申し込み月から9か月時点で継続利用している方。それまでに解約してしまった場合はキャッシュバックは受け取れません。

キャッシュバックの受取時期

キャッシュバックは開通月から7か月後の継続利用を確認のうえ、開通月から5か月後にキャッシュバックの案内メールが送られてきます。このメールに従って手続き(銀行口座情報の登録)を行うと即時にキャッシュバックを受け取ることができます。

このキャッシュバック手続きは、楽天銀行の「メルマネ」の仕組みを使って行われます。メールが送られてくるアドレスはDTI会員ページにて「DTI連絡先メールアドレス」として登録されているメールアドレスへ送付されます。

キャッシュバックの受け取り方

DTI光の開通月から5か月後にに、キャッシュバックを通知するメールが送られてきます。

このメールに記載されているフォームにキャッシュバック受取用の銀行口座情報を登録すると、即時にキャッシュバックが振り込まれます。
※銀行営業時間外であれば、翌銀行営業日に振り込まれます。

手続きの期限はメールを受信した日から45日間となります。期限を過ぎた場合にはキャッシュバックを受けることができません。

開通月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
メール通知 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月


DTI 光

更新日:

Copyright© ネット回線のマニュアル , 2017 All Rights Reserved.