複雑な通信費、スマホとネット回線の料金をわかりやすく整理してお得なサービスをご提案します。

ネット回線のマニュアル

ドコモのスマホがお得、IPV6で高速な「GMOとくとくBB × ドコモ光」

お家のネットをドコモ光にしよう
ドコモのスマホが安くなるドコモ光。

「ドコモ光セット割」でお得にドコモのスマホを使いながら、自宅ネット回線も新しい「IPV6技術」で高速・快適に利用することができるプロバイダーのご紹介です。

「ドコモ光」を提供するプロバイダーである「GMOとくとくBB」でドコモ光を申し込むと、「光セット割」が適用になりドコモスマホの利用料金がお得になるだけでなく、自宅ネット回線が夜間の混雑にも影響を受けにくい「IPV6接続サービス」が使えるようになります。

GMOとくとくBBは自宅ネット回線の夜間の速度低下にお悩みの方にはぜひ使ってもらいたいドコモ光対応プロバイダーです。


「GMOとくとくBB × ドコモ光」の特徴

NTTフレッツ光の高速回線

「GMOとくとくBB × ドコモ光」はフレッツ光回線を使った下り最大1Gbpsの高速ネット回線です。現在フレッツ光をお使いの方は新規で申し込めますし、現在他のプロバイダーでフレッツ光をご利用の方も、「転用」という仕組みでプロバイダーをGMOとくとくBBへ乗り換えると同時にドコモ光に加入することができます。

ドコモのスマホとセットでお得

もちろん「GMOとくとくBB × ドコモ光」はドコモのスマホとセットでお得な「ドコモ光セット割」の対象となるネット回線です。

ドコモ光はたくさんのプロバイダーがありますが、料金体系が3つあり、「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」の順に料金が高くなっていきます。

「GMOとくとくBB」は料金が最安となる「ドコモ光タイプA」の対応プロバイダーです。

IPV6技術対応の高速ネット回線

最近夜間のネット回線が遅くありませんか?スマホの爆発的な普及で全国的に夜間の速度低下が起こっているようです。

速度低下の直接的な原因のひとつははNTTフレッツ回線とプロバイダーの接続ポイントにあります。

通常のプロバイダーはIPV4の「PPPoE」という接続方式でフレッツ光回線と接続しています。そしてネットワーク負荷の爆発的な増加で現在はこの接続ポイントが混雑していることが速度低下の一番の原因となっています。

GMOとくとくBBがオプションで用意している「IPV6によるIPoE接続」を使うと、このNTTフレッツ光回線とプロバイダーの接続ポイントを迂回することができます。つまり、夜間の速度低下の一番の原因を迂回できるのです。

IPV6接続を行うにはIPV6専用オプションを付加し、さらにIPV6のIPoE接続に対応したルーターが必要になってきますが、現在GMOとくとくBBではIPV6(IPoE接続)に対応したルーターを無料レンタルで提供しています。


「GMOとくとくBB × ドコモ光」の料金体系

料金体系

「GMOとくとくBB × ドコモ光」はドコモ光(タイプA)の料金体系に準拠しています。

初期費用

回線・契約形態 事務手数料 工事費 備考
集合住宅 戸建
新規 3,000円 15,000円 18,000円
転用 回線変更なし - 今お使いの回線をそのまま使う場合
回線変更あり 7,600円 回線速度変更(100MB ⇒ 1GB など)の場合

基本料金

「GMOとくとくBB × ドコモ光」の基本的な料金体系はドコモ光の料金体系に準拠します。しかも最安の「タイプA」になります。

費用内訳 集合住宅 戸建 備考
月額利用料金 タイプA 2年自動更新プラン 4,000円 5,200円
自動更新なしプラン 5,000円 6,700円
必須オプション 光電話オプション 500円 光セット適用の必須オプション
IPV6(IPoE)対応ルーター 0円 レンタル料無料で提供
月額料金合計 4,500円 5,700円 2年自動更新プランの場合(最安)

GMOとくとくBBはなにがどう速いの?

GMOとくとくBBは「GMOとくとくBBでドコモ光は速くなる」と謳っています。なにがどう速くなるのでしょうか?

速くなるポイントは2つあります。

  • フレッツ光ネクストハイスピードタイプが速くなる
  • IPv6のIPoE認証により速くなる

フレッツ光ネクストハイスピードタイプが速くなる

フレッツ光ネクストの回線種類

まず、ドコモ光は「フレッツ光ネクスト」を使ったサービスですが、実は「フレッツ光ネクスト」にはたくさんの回線種類があります。

フレッツ光ネクスト回線タイプ 実効速度
(上段:上り/下段:下り)
回線速度
(上段:上り/下段:下り)
ファミリータイプ 100Mbps
100Mbps
100Mbps
100Mbps
マンションタイプ 100Mbps
100Mbps
100Mbps
100Mbps
ファミリーハイスピードタイプ 200Mbps
200Mbps
200Mbps
1Gbps
マンションハイスピードタイプ 200Mbps
200Mbps
200Mbps
1Gbps
ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps
1Gbps
1Gbps
1Gbps
マンションスーパーハイスピードタイプ隼 1Gbps
1Gbps
1Gbps
1Gbps
ギガファミリー 1Gbps
1Gbps
1Gbps
1Gbps
ギガマンション 1Gbps
1Gbps
1Gbps
1Gbps

この表で、「実効速度」とはNTTが利用者へ提供している速度、「回線速度」とは回線本来の速度(能力)です。

ここで重要なのは「マンションハイスピードタイプ」と「ファミリーハイスピードタイプ」です。いわゆる「フレッツ光ハイスピードタイプ」と言われる回線です。

この回線では、「実効速度(下り)」が200Mbpsですが、「回線速度(下り)」は1Gbpsです。

つまり、「フレッツ光ハイスピードタイプ」は本来回線能力としては下り1Gbpsの速度が出るにもかかわらず、NTTは利用者へ200Mbpsに制限してサービス提供しています。

フレッツ光ネクストハイスピードタイプの帯域制限

「フレッツ光ハイスピード」は本来の下り1Gbpsの能力のある回線をわざわざ200Mbpsに制限してサービス提供しています。

この速度制限の仕組みは「PPPoE」というIPV4の認証方式によって、利用者がインターネットへ接続認証を行う部分で制限を行っています。

IPV6の「IPoE認証方式」

ここで、「フレッツ光ハイスピードタイプ」であっても利用者がIPV6の「IPoE認証方式」によりインターネットへ接続認証を行う場合、(PPPoE認証を利用しないため)速度制限を受けません。

IPV6接続であればすべてPPPoE認証による速度制限を受けないか、というとそうではありません。IPV6でも現在一般的にはまだまだ「PPPoE認証」を行っています。IPV6接続であっても、認証方式が「PPPoE認証」であれば、200Mbpsの速度制限を受けることになります。

速度制限を回避するためには「IPoE認証」によりインターネットに接続する必要があり、「IPoE認証」はIPV6接続でしか認証できないわけです。

フレッツ光ハイスピードタイプの利用者は速度制限を回避できる

このように、フレッツ光ハイスピードタイプをご利用の方は、「IPV6によるIPoE認証」を利用することで「下り200Mbps制限」を受けることがなくなります。

フレッツ光ハイスピードタイプ以外の回線をご利用の方には関係のない話しです。

IPv6のIPoE認証により速くなる

では、「フレッツ光ハイスピードタイプ」以外の利用者は、GMOとくとくBBのようにIPv6(IPoE認証)を使っても速くならないのか?というとそうでもありません。

速度低下のボトルネットはNGN網回線終端

現在、特に夜間になるとインターネットの速度が非常に遅くなる事象が続いています。

この速度低下の原因(ボトルネック)は非常にたくさんの部分にありますが、確実に「遅くなる原因」としてNGN網の回線終端があると言われています。

よくわからない表現ですが、つまりフレッツ光とプロバイダーの接続点のことです。この接続点では「PPPoE認証」が行われており、認証に成功した接続のみがインターネット通信できます。

接続点はなぜ混雑しているのか?

なぜ、この接続点が混雑しているかというと、この接続点でプロバイダーのPPPoE認証が行われるからです。この接続点で認証に成功したもののみがインターネット通信可能で、認証失敗したものはエラーとなります。

このように、接続点ではPPPoE認証に関わる非常に多くの処理を行っています。

この接続点における混雑はNTTとプロバイダーが協力して増強し、混雑解消の努力を行いますが、現在増強が追いついていない場所になります。

IPoE認証ではこの接続点を迂回する

では、IPV6のIPoE認証を使った場合はどうなのでしょうか?

IPV6によるIPoE認証は、このフレッツ光とプロバイダーの接続点ではなく、プロバイダー内部にて認証されます。

つまり、現在速度低下の原因となっている場所を迂回(素通り)することができるわけです。

GMOとくとくBBはIPV6標準装備

IPv6/IPoE認証により2つの問題を回避

このように、IPV6による「IPoE認証」を利用することで、2つの事象における速度低下を回避することができます。

一つ目は「フレッツ光ハイスピードタイプ」をご利用の方が、NTTの速度制限(200Mbps)を回避して回線本来の能力(1Gbps)で利用できる、という点です。

二つ目は現在特に夜間の速度低下の大きな原因のひとつである、NTTフレッツ網とプロバイダーの接続点を迂回できる、混在を回避できる、という点です。

GMOとくとくBBはIPV6標準装備

そして、GMOとくとくBBはIPV6によるIPoE認証が利用できる環境を標準装備していることから「GMOとくとくBBでドコモ光は速くなる」と謳っているわけです。

「GMOとくとくBBはIPV6を利用しやすい」というポイントは以下の3点です。

  • GMOとくとくBBはIPv6オプションが無料(多くのプロバイダーは有料オプション)。
  • 認証方式に「IPoE認証」が利用できる(IPV6でもPPPoE認証しかできないプロバイダーもある)。
  • IPV6/IPoEという技術に対応したルーターを標準提供(無料レンタル)。

このように、GMOとくとくBBはIPV6/IPoE認証が使いやすいプロバイダーです。

「GMOとくとくBB × ドコモ光」のキャンペーン

「GMOとくとくBB × ドコモ光」では毎月お得なキャンペーンを展開しています。

通常、ネット回線を提供している各社プロバイダーのキャンペーンでは「新規」による開通を優遇する場合が多いのですが、「GMOとくとくBB × ドコモ光」の場合は「転用」による開通を優遇するキャンペーンも提供されており、現在他社プロバイダーでネット回線をご利用中の方にとっても魅力的なキャンペーンとなっています。

「GMOとくとくBB × ドコモ光」の毎月のキャンペーン情報は以下のページで詳細に説明していますので、参考にしてみてください。


「GMOとくとくBB × ドコモ光」の申し込み手順

ドコモの携帯電話番号

ドコモ光はドコモのスマホ・携帯電話利用者限定のネット回線サービスです。
GMOとくとくBBに限らず、ドコモ光の申込にはドコモの電話番号が必要です。

「転用」の場合は「転用承諾番号」が必要

現在フレッツ光回線をお使いでない方には関係ありません。
現在フレッツ光回線をお使いの方が、フレッツ光回線契約はそのままでプロバイダーだけをGMOとくとくBBへ乗り換える場合を「転用」といい、「転用」を実施するためには申込時に「転用承諾番号」というものが必要になります。この「転用承諾番号」は携帯電話のMNP番号と同じです。
「転用承諾番号」はNTTへ電話をして番号を発行してもらいます。
・NTT東日本:0120-140-202 またはWEBから >> NTT東日本特設ページ
・NTT西日本:0120-553-104 またはWEBから >> NTT西日本特設ページ

注意点として、「転用承諾番号」の有効期限は発行後15日となります。15日を過ぎると無効となり、再度番号取得が必要となります。

また、ドコモ光では申込時に有効期限が10日残っている必要があります。つまり、「転用承諾番号」の取得後5日以内に申し込む必要があります。




更新日:

Copyright© ネット回線のマニュアル , 2017 All Rights Reserved.