複雑な通信費、スマホとネット回線の料金をわかりやすく整理してお得なサービスをご提案します。

ネット回線のマニュアル

ワイモバイルの新セット割引「光セット割」を徹底解説

ワイモバイル光セット割
2017年4月11日より、ワイモバイルの新しいセット割引サービス「光セット割」が始まりました。

自宅ネット回線とワイモバイルのスマホをセットで使うことで、毎月割引を受けられるサービスです。

ここではワイモバイルの新しいセット割引サービス「光セット割」について解説しています。


ワイモバイル「光セット割」の適用条件

基本的な適用条件

「光セット割」の適用条件は、ソフトバンクが提供しているネット回線とワイモバイルスマホの指定契約プランとの同時利用となります。

組み合わせは下表のとおりです。

スマホ側 ・スマホプランS/M/L(タイプ1、タイプ2)
・データプランL
・Pocket WiFiプラン2(さんねん、バリューセット、バリューセットライト)
自宅ネット回線 ・SoftBank光
(自動更新ありプラン)
指定オプション

  • 光BBユニット
  • 「Wi-Fiマルチパック」または「Wi-Fi地デジパック」
  • 「ホワイト光電話」「BBフォン」または「光電話(N)およびBBフォン」
・SoftBank Air
・Yahoo!BB光シティ

複数回線や家族回線について

「光セット割」は「家族でスマホ・携帯が複数契約適用可能」となります。離れて暮らしている家族のスマホ・携帯回線も対象になります。

ただし、自宅ネット回線と割引適用を受けたいスマホの契約者が異なる場合は免許証や住民票などで「家族であることを証明」する必要があります。

家族の定義について

ソフトバンクにおける家族の定義は「家族(血縁・婚姻)または同一住所・同一生計」という一般概念が適用されています。具体的な等級(親等)などの規定はありません。

規約によると自宅ネット回線の契約者と家族であることを証明する必要があり、運転免許証や住民票などで証明します。学生さんのような離れて暮らしている家族も同様です。

必須のオプションに注意

「対象料金プランのスマホ・携帯」と「対象ネット回線」の組み合わせで適用される「光セット割」ですが、割引適用されるための必須オプションに注意が必要です。
一部の対象ネット回線を除き、以下のオプション条件があります。

  • 光BBユニット、Wi-Fiマルチパックおよびホワイト光電話/ひかり電話(N) + BBフォン/BBフォンのいずれかのご加入が必要になります。

SoftBank光の場合には「光セット割」を適用するための指定オプションがあります。オプション内容を確認しておきます。

オプション 機能
光BBユニット インターネット接続のためのブロードバンドルーター
Wi-Fiマルチパック 光BBユニットを無線LAN親機に変身させるオプション
ホワイト光電話 ソフトバンク提供の光電話、「東京03」などの地域電話番号を利用可能
光電話(N) NTT提供の光電話、「東京03」などの地域電話番号を利用可能
BBフォン ソフトバンク提供のIP電話、「050」番号が割り当てられる

つまり、指定オプションを導入することで、自宅内にWi-Fiを導入でき、固定電話がりようできるようになる、というオプションです。

SoftBank光では、これら指定オプションを「基本パック(N)」として月額500円で提供しています。

ワイモバイル「光セット割」の割引額

光セット割の割引額

まず、光セット割の割引額を見てみましょう。
※割引金額は消費税抜表示となります。

自宅ネット回線 スマホ・Pocket Wi-Fi 月額割引額(1台あたり)
SoftBank Air
SoftBank光
スマホプランS 500円割引
スマホプランM 700円割引
スマホプランL 1,000円割引
データプランL/Pocket Wi-Fiプラン2 500円割引

「光セット割」の割引額の注意点

割引は回線毎

割引額は自宅ネット回線1回線に対するスマホの契約台数ごとに割り引かれます。

自宅ネット回線1回線につき、スマホ側最大10契約まで割引をうけることができます。

SoftBank光での必須オプション

SoftBank光で「光セット割」を適用するためには、必須オプション月額500円の「基本パック(N)」が必要です。

これは光電話のことですが、光電話が不要な方がこのオプションを付けても契約スマホが1回線であれば割引額が月額500円なので割引相殺となります。

SoftBank Airでの「加入特典」割引

現在、SoftBank Airでは「加入特典」という割引で、加入から25か月間に500円~1,484円の月額割引がありますが、この「加入特典」割引は「光セット割」との併用ができません。

契約スマホが1回線(500円割引)であれば、「光セット割」よりも「加入特典」の割引を受けた方が割引額が大きくなる場合があります。

永年割引です

光セット割がわかりやすいのは、「ずっと同じ割引額(永年割引)」ということです。

ワイモバイルの場合、スマホ側の料金は継続年数によって変わってきますが、「光セット割」の割引額はずっと同じ割引額が適用されます。

ワイモバイル「光セット割」の対象回線

光セット割の対象回線

対象ネット回線 概要 割引期間
SoftBank光 フレッツ光の高速インターネット回線 永年
SoftBank光ファミリーライト SfotBank光の2段階定額プラン版
3,900円からのお手軽インターネット
永年
SoftBank Air 工事不要で使える無線タイプのインターネット回線 永年

SoftBank光

SoftBank光はフレッツ光回線を使い、SoftBankがプロバイダーサービスを提供する高速ネット回線です。

SoftBank光ファミリーライト

SoftBank光ファミリーライトはSoftBank光と同じものですが、料金体系が違います。SoftBank光は通信容量に依存しない定額制のネット回線ですが、SoftBank光ファミリーライトは通信容量による2段階定額制となっています。また、SoftBank光は2年契約の自動更新型ですが、SoftBank光ファミリーライトは2年契約ですが「自動更新あり」と「自動更新なし」を選択することができます。

SoftBank Air

SoftBank Airは無線を使った工事不要(設置するだけ)のネット回線です。集合住宅やビルの事情などで固定回線の工事ができない場合などに便利なネット回線です。

SoftBank光の料金

「光セット割」対象回線の代表格であるSoftBank光の料金を、「光セット割」適用前提で見てみましょう。

初期費用

まず、SoftBank光の導入時に係る費用ですが、「新設」の場合と「転用」の場合では違いがあります。

新設とは

新設とは、現在の自宅にフレッツ光の回線契約がない場合のことです。

転用とは

転用とは、現在自宅でフレッツ光のネット回線を使っており、そのプロバイダーサービスをソフトバンクへ乗り換えることでSoftBank光に切り替える場合のことです。

初期費用

費用内訳 新設 転用
契約事務手数料 3,000円
工事費用 工事立会いあり
・戸建やフレッツ対応マンションでない場合
24,000円 工事費不要
工事立会いなし
・フレッツ対応マンションなどすでに回線導入済の場合
2,000円

月額費用

月額費用は戸建タイプの場合とマンションやアパートなど集合住宅の場合で異なります。

費用内訳 集合住宅 戸建 備考
月額利用料金 5年自動更新プラン
・光テレビ必須
- 4,700円
660円
2年自動更新プラン 3,800円 5,200円
自動更新なしプラン 4,900円 6,300円
Yahoo!BB基本サービス(※1)
(どちらかを選択)
プレミアム 550円 加入時必須オプション
ただし加入後即解除可能
スタンダード 300円
必須オプションパック(※2) 基本プラン(N) 500円
  1. Yahoo!BB基本サービスはSoftBank光の加入時に必須オプションです。加入後に解約することはできますが、「プレミアム」は2年契約自動更新型の契約なので更新月以外での解約には3,000円の違約金が必要となります。
  2. 必須オプションパック(基本プランN)には光電話が含まれます

2年自動更新プランで「光セット割」適用の最低額は以下の通り。

費用内訳 集合住宅 戸建 備考
月額利用料金 2年自動更新プラン 3,800円 5,200円
必須オプションパック 基本プラン(N) 500円
Yahoo!BB基本サービス スタンダード - 加入後に即解約

お得度の検証

一人暮らしで考える

学生さんや若い人が一人暮らしの環境で「光セット割」を適用する場合を考えます。

「光セット割」適用のためにオプションの光電話(月額500円)が必須ですが、スマホ・携帯側の割引額が最低でも500円はあるため、損はありません。

もちろん、「固定電話が必要」だとか「2回線以上を契約している」という場合にはお得度は大きくなります。

家族で考える

では、家族で考えます。

家族でワイモバイルスマホ・携帯が複数回線契約しているなら、「光セット割」は大変お得な割引だと言えます。

家族3人でも毎月3,800円ほどの割引が受けられます。もともと、ワイモバイルのスマホプランだと最安で「1回10分までの通話無料」がついて1,980円と格安なので、そこからのさらなる割引でお得度は高いといえるでしょう。

家族で使うには、かなりお得と言えます。

「光セット割」対象のおすすめネット回線

ソフトバンク光

新しく自宅ネットを引かれる方も、現在フレッツ光回線をご利用の方も、最大1Gbpsの高速インターネットが使えます。

月額費用 集合住宅 戸建
月額料金 3,800円/月~ 5,200円/月~
必須オプション 500円/月
  • 戸建:5,200円~
  • 集合住宅:3,800円~
  • 「光セット割」適用のための必須オプション:光電話500円

SoftBank Air

工事不要の据置型高速モバイル回線です。ソフトバンクのLTEとAXGPの電波を使って、下り最大261Mbpsの高速通信が可能です。固定電話オプション不要で「光セット割」の対象ネット回線になり、ワイモバイルスマホがお得になります。

月額費用 集合住宅/戸建
月額料金 3,996円/月~
必須オプション なし
  • 工事不要の据置型高速モバイル回線
  • SoftBank LTE/AXGPエリア
  • データ容量制限なし



更新日:

Copyright© ネット回線のマニュアル , 2017 All Rights Reserved.