複雑な通信費、スマホとネット回線の料金をわかりやすく整理してお得なサービスをご提案します。

ネット回線のマニュアル

フレッツ回線でもauスマホが安くなるauセット割を徹底解説

DTIひかり

自宅のネット回線がフレッツ光回線であってもauスマホが安くなる、auセット割というサービスのご紹介です。

auスマホが「自宅ネット回線とセットで安くなる」と早くからCMを放送しているサービスが「auスマートバリュー」というサービスです。このお得なサービスを受けるには自宅のネット回線がau(KDDI)が指定するネット回線が対象となっていて、au(KDDI)の「auひかり」および各地電力会社系のネット回線が対象となります。

しかし、一部、フレッツ光回線であってもauスマホがお得になるサービスを提供しているサービスがあります。それが「auセット割」というサービスです。

ここでは「auセット割」の対象ネット回線やお得度をご紹介します。


auセット割とは

auセット割の適用条件

「auセット割」の適用を受けるためには、まず使っているスマホがau契約である必要があります。そして、自宅のネット回線が「auセット割」オプションを提供していなければなりません。

auスマホ・携帯のすべての料金プランがauセット割に対応しているわけではありません。次章にて確認してください。

auセット割のお得度

auセット割の対象となるauスマホの契約プランと、割引額は以下の通りです。割引額は変額制ではなく、ずっと同じ割引額がネット回線側の利用料金から割引されます。

利用機器 au契約プラン 割引額(月額)
auスマホ ・auフラットプラン20/30
・auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GB
1,200円
・auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)2GBまで
・auピタットプラン(シンプル)1GB超~2GB
500円
・データ定額5/8/13/20/30
・データ定額5(V)/10(V)/13(V)/20(V)/30(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
1,200円
・データ定額1/2/3
・データ定額1(V)/2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・ジュニアプラン
・ジュニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
500円
auタブレット ・LTEフラット for Tab/Tab(i)
・LTEフラット for Tab(L)
・LTEフラット for DATA(m)
・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)
1,200円
auケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額5(VK)/8(VK)/10(VK)/13(VK) 1,200円
・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイデータ付)
・カケホ(電話カケ放題プラン/VK)+データ定額2(VK)/3(VK)
500円

auセット割を提供しているプロバイダー

サービス名称 提供事業者 コース・オプション名
DTI光 DTI DTI光 × auセット割
BIGLOBE光 BIGLOBE BIGLOBE光 × auセット割
@nifty光 @nifty @nifty光 × auセット割

auスマートバリューとの比較

auスマホのセット割引として「auスマートバリュー」があります。どちらの割引サービスがお得かを見るために「auセット割」と「auスマートバリュー」の比較をしてみます。

割引額の比較

まず、auスマホの契約プランごとの割引額を比較します。「auスマートバリュー」の場合、割引額が3年目以降から変わる「変額制」のものもあることに注意してください。

利用機器 au契約プラン auスマートバリュー auセット割
2年間割引額(月額) 3年目以降割引額(月額)
auスマホ ・auフラットプラン20/30
・auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GB
1,000円 1,200円
・auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)2GBまで
・auピタットプラン(シンプル)1GB超~2GB
500円 500円
・データ定額10/13/30
・データ定額10(V)/13(V)/30(V)
・データ定額10(VK)/13(VK)
2,000円 934円 1,200円
・データ定額5/8/20
・データ定額5(V)/8(V)/20(V)
・LTEフラット
・LTEフラット(V)
・ISフラット
・プランF(IS)シンプル
1,410円 934円 1,200円
・データ定額2/3
・データ定額2(V)/3(V)
・ジュニアスマートフォンプラン
・シニアプラン(V)
・LTEフラットcp(1GB)
934円 500円
・データ定額1
・データ定額1(V)
934円 500円
auタブレット ・LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
・LTEフラット for DATA(m)
1,410円 934円 1,200円
・LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」) 1,000円 1,200円
3Gケータイ ・カケホ(電話カケ放題プラン/ケータイ・データ付) 934円 500円
4G LTEケータイ ・データ定額1 934円 500円
・データ定額1 934円 500円
・データ定額2(VK)/3(VK)
・データ定額2/3
・シニアプラン
934円 500円
・データ定額5(VK)
・データ定額5/8/20
・LTEフラット
1,410円 934円 1,200円
・データ定額10(VK)/13(VK)
・データ定額10/13/30
2,000円 934円 1,200円

適用条件の比較

また、割引サービスを受けるためのオプション条件・適用条件等を比較してみます。

条件 auスマートバリュー auセット割
対象スマホ回線数 家族で10回線まで 1回線まで
必須オプション ひかり電話(月額500円)

比較結果

比較の結果、割引額については最初の2年間は「auスマートバリュー」の方が高い傾向がありますが、プラン毎および「3年目以降の割引額」について「auセット割」の方が高くなります。

また、「auスマートバリュー」の適用を受けるためには「ひかり電話」オプション(月額500円)が必要ですが、「auセット割」の場合は特別な追加オプションは必要ありません。

「auスマートバリュー」は「ひかり電話」が必須オプションではありますが、割引対象が10台までとなっていることから、家族みんなでauスマホを使う場合において非常にお得度が高い割引サービスと言えます。

一方、「auセット割」は割引対象回線は1回線となりますが別途必須オプションなどがないため、若い世代の一人暮らしに向いている割引サービスと言えます。

auセット割が受けられるオススメのネット回線

DTI光

  • 現金最大15,000円のキャッシュバック
  • auセット割で毎月最大1,200円割引
  • 格安SIM「DTI SIM」とのセット割も可能
  • 契約期間に定めがないのでいつでも解約できる

BITLOBE光

ビッグローブ光(NEXT)

  • IPV6オプション(V6プラス互換)に対応
  • 「auセット割」「auスマートバリュー」のどちらも選べる
  • 格安SIM「BIGLOBEモバイル」とのセットで毎月実質250円割引
  • 新規33,000円・転用10,000円キャッシュバック

@nifty光

@nifty光(NEXT)

  • V6プラス(IPV6/IPoE)」オプションに対応
  • 光コラボレーションでは格安のネット回線
  • auスマホのセット割「auセット割」で毎月最大1,200円割引
  • 格安SIM「NifMo」とのセットで毎月200円割引
  • 新規20,000円・転用10,000円キャッシュバック

投稿日:2016年10月25日 更新日:

Copyright© ネット回線のマニュアル , 2018 All Rights Reserved.